休業日のお知らせ

10月の休業日◆

 2(月)

10(火)

16(月)

23(月)

24(火)

30(月)

◆11月の休業日◆

 6(月)

13(月)

20(月)

27(月)

28(火)

女将のブログはこちら
全国発送いたします。お気軽にお電話ください。
FAX PDF
FAX Word
おいしい焼き方
お客様からの質問コーナー

呑龍様(大光院のいわれ)

大光院と呑龍上人

「子育て呑龍」として広く世に知られる大光院は、「呑龍さま」と呼ばれて人々に親しまれています。その正式の名称は、「義重山新田寺大光院(ギジュウサン ニッタジ ダイコウイン)」であり、徳川氏の始祖と言われる新田義重をまつるお寺です。

慶長16年(1611)3月、前将軍の徳川家康は徳川氏一族の繁栄と天下泰平、さらに始祖(シソ)義重の追善供養(ツイゼンクヨウ)の為、先祖の地に菩提寺を建立する計画を立てました。

そこで家康は、この問題をかねてから尊敬している芝増上寺の観智国師(カンチコクシ)に相談しました。その結果、菩提寺建立の適地として太田金山南麓(オオタ カナヤマ ナンロク)の現在地が選ばれました。

翌17年の春、大光院の工事が始まり、およそ1年かかって本堂(ホンドウ)・方丈(ホウジョウ)・庫裏(クリ)などが竣工しました。

それと同時に開山の選任が検討され、観智国師の門弟で四哲(シテツ)の一人といわれる呑龍上人(ドンリュウショウニン)が就任することになりました。

呑龍は、弘治(コウジ)2年(1556)4月、武蔵野国埼玉郡一(ムサシノクニ サキタマグン イチ)の割村(ワリムラ)(埼玉県春日部市)に生まれ、竜寿丸リュウジュマルと名付けられました。竜寿丸は、2,3歳の頃から念仏を聞くとニコニコとうれしそうな顔をし、また7,8歳を過ぎた頃には友達を集めて泥で仏像を作り、念仏を唱えたそうです。13歳の春、竜寿丸は僧侶になる決心をし、修行の道に入りました。そして翌年の8月、得度して呑竜と称するようになりました。

大光院に入山した呑竜上人は、看経カンキン・講義・説法などに力をいれ、また因果応報を熱心に説きました。そのため上人の学徳を慕う僧侶1000余人が大光院に集まり、また周辺村々の農民も上人の教えに服したので、寺運は大いに栄えました。

しかし、戦国の余じんのくすぶる乱世において人心は乱れ、そのうえに天災が続いたので人々の生活は困難をきわめました。そのために捨て子や間引き、子殺しなどの非道な行為が平然と行われました。この事態を憂えた上人は、精力的に村々を回って人々を訓戒しましたが、効果はなかなか上がりませんでした。そのため上人は、捨て子や貧しい人々の子供を7歳になるまで上人の弟子という名目で寺に受け入れ、寺の費用で養育しました。

元和(ゲンナ)9年(1623)夏、上人の衰弱が目立つようになりました。8月3日、弟子や関係者を枕辺(マクラベ)に集めた上人は、「来る9日正午に往生をとげる。その時には雷鳴が鳴り渡るであろう」と語りました。そして9日の正午、仏前に合掌しながら入寂(ニュウジャク)しました。